MENU

意外と知られていない?水道水に潜むトリハロメタンの危険性

赤ちゃんのミルク作りに水道水を使ってもいいのでしょうか?

 

あなたは赤ちゃんのミルク作りに安易に水道水を使ってもいいと思いますか?

 

今の時代は様々な浄水器が売られていますし、日本のお水は諸外国のお水に比べてきれいで安全だという認識があります。

 

蛇口をひねるだけで簡単にお水が飲める環境というのは世界の中でも珍しくて恵まれていると言えます。でも、大人はそれで良いとしても赤ちゃんにとってはどうなんでしょうか?

 

そもそも水道水って本当に安全だと言えるのでしょうか?

 

ミルクメーカーの方や多くの医師・助産師の方々は、赤ちゃんのミルク作りに水道水を使用しても大丈夫だと言うでしょう。実際に出産した医院でミルクメーカーの方や医師から「赤ちゃんのミルクに水道水を使っても大丈夫です」と言われた方も多いと思います。

 

でもちょっと待って下さい。水道水には気になる点があるのです。それはトリハロメタンという物質のことです。トリハロメタンとは、水を消毒する際に使用する塩素とお水の成分とが反応してできる物質のことを言います。このトリハロメタンには発がん性の可能性があるかもしれないのです。

 

でも水を煮沸させれば問題は無いのではと考える方もみえるかもしれません。ところが、煮沸直後にこのトリハロメタンの数値は何倍にも跳ね上がるのです。3分以上煮沸をすると半分以下に濃度が下がるようですが、トリハロメタンをまともに取り除こうとすれば、50分以上も時間をかけて煮沸しなければなりません。

 

赤ちゃんの毎日のミルク作りにそれほどの時間を費やすのは難しいのではないでしょうか。煮沸にかける時間や光熱費のことを考えれば無駄なコストや労力ばかりがかかります。

 

トリハロメタンの問題を解決する方法

 

トリハロメタン問題を解決する方法が実はあるのです。トリハロメタンは塩素と結びつくことによってできる物質ですから、塩素を使用していない天然水を使えばトリハロメタンが発生しなくて済むのです。

 

今の時代は天然水をどこでも気軽に購入できるようになっています。ウォーターサーバーならわざわざ重いお水を自分で買いに行かなくても自宅に定期的に届けてもらえます。それにペットボトルの処分をする手間もかからないしゴミの減量にもつながります。

 

天然水やミネラルウォーターについては別にまとめてありますので、そちらの方でご自分に適した良いお水を是非見つけてみて下さい。