MENU

ミルクを作るための水を選ぶ時のポイント

赤ちゃんに飲ませるミルクを作る時には、できる限り安心できる水を選びたいと思うお母さんが増えています。

 

大人の場合には水道の水を飲んでも平気かもしれませんが、赤ちゃんが飲むことを考えると、水道の水には少し不安があるという人も多いでしょう。

 

とはいえ、ミネラルウォーターにも種類がいくつもありますので、その中から選ぶ時のポイントについて紹介していきます。

 

安全性の高い水を選ぶ

 

最も重要なポイントは、安全性についてです。

 

赤ちゃんに飲ませることを考えると、成分について安全であるということは外せないところでしょう。安全性を見極める上では、放射性物質がどの程度含まれているかを判断基準にすると良いです。

 

ミネラルウォーターの基準値は、平成24年4月からは10ベクレルとされていますので、それよりも低いものが安全であると考えることができます。

 

公式サイトの表記を確認したり、電話でメーカーに問い合わせたりして、数値をしっかり確認するようにしましょう。

 

値段で選ぶ

 

毎日飲む水ですので、値段が高すぎると続けることができません。

 

もし、安全性を考慮してピックアップしたミネラルウォーターの値段が少し高いと感じるならば、ミルクを作るためだけに利用するという方法もあります。

 

いくつか候補があるならば、安い方が家計は助かるでしょう。

 

購入しやすさで選ぶ

 

もし店頭で購入するという場合には、水がなくなったらまた買いに行かなければなりません。水は重たいものですし、遠くまで買いに行く必要があると大変です。

 

一方、自宅に届けてくれるようなシステムならば買いに行く手間は省けますが、送料がかかりますし、家の中に保管用のスペースも必要となります。

 

各家庭の環境もありますので、手間のかからない方法を選ぶようにすると良いでしょう。

 

廃棄物の量で選ぶ

 

水はペットボトルなどの入れ物に入っていますので、廃棄物が出ます。消費するスピードが速ければ、廃棄物が出る量も多くなってしまいます。

 

もちろん、リサイクルするため全くのゴミという訳ではありませんが、家の中でかさばってしまいますので、小さくまとめられるような素材でできた入れ物の方が良いでしょう。

 

ウォーターサーバーのように容器を取り替えて回収してくれるような方法だと、毎回リサイクルに出す手間も省けます。

 

軟水を選ぶ

 

水には硬度と呼ばれる数値がありますが、ミルク作りの場合にはその数値が低い軟水の方が適していると言われています。

 

硬度が高いと赤ちゃんには負担が大きいので、軟水を選ぶようにしましょう。これらのポイントを踏まえて、自分の家の環境に合った水を選ぶようにしましょう。

 

購入しやすさや廃棄物の量を考えるとウォーターサーバーがオススメです。