MENU

赤ちゃんのための安全な水の選び方・「海外のお水」編

子育てで大事なことの一つは、赤ちゃんのミルクのために安全な水を選ぶことです。

 

近年は災害などによる汚染被害で、水の安全性も問題となっています。地域によっては、この問題は深刻です。水の安全性に不安を抱えるママも多いことでしょう。

 

赤ちゃんのためにミネラルウォーターを購入している方も多いでしょうが、「日本の水では不安がある」というママもいるのではないでしょうか。

 

日本の水は避けて、海外の水を使ってみたい…というママもいるかもしれません。ここで悩むポイントは、どんな水を選んだらよいのか?ということです。

 

そんなママのために、ここからは「海外の水」の選び方について説明していきたいと思います。

 

水の硬度には要注意

 

水には硬度というものがあります。硬度は水に含まれるミネラルの分量で決まる値です。硬度が低い水は軟水、高い水は硬水と表記されます。

 

その硬度を決めるミネラル量の基準は以下の通りです。

 

・軟水…0〜100mg
・中軟水…100〜300mg
・硬水…300mg以上

 

赤ちゃんに使用できる水は軟水のみとなります。

 

硬度の高い水に含まれるミネラルは、赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまいます。そのため、硬水を使用すると、下痢などの症状を起こすことがありえます。

 

ダイエットに効果があるとして女性に人気があるコントレックスは、赤ちゃんのミルクには向きません。注意しましょう。また、日本の水は軟水が多く、海外の水は硬水が多くなっています。

 

ミネラルウォーターは軟水・硬水の表示がされています。特に海外の水を使用するときは、硬水である確率が高いので、しっかりと確認するようにしていきましょう。

 

放射能物質の検査をしている水を選ぶこと

 

放射能汚染は、近年の日本でも問題です。放射能が気になるために、日本の水を使いたくないと思うママもいるでしょう。しかし、ここで注意すべきポイントがあります。それは「放射能汚染があるのは日本だけではない」ということです。

 

海外では原発事故も起きており、原発実験もたびたび行われています。海外の水なら放射能汚染の心配が低い、という考えは間違いなのです。

 

では、どこの水が安全性が高いのでしょう。この基準に明確なラインをもうけることは非常に難しいことです。なぜなら、原発は世界中にあり、放射能を使った実験も世界中で行われているからです。

 

海外の水を使用したいならば、まず放射能の検査をしているものから選択するとよいでしょう。そして、その値をみて、「ここまでなら安全」というラインを自分で決めておくことが大切です。放射能の基準値はベクレルで示されるので、「何ベクレルまでの水なら使える」という風に決めておくと良いでしょう。

 

一つの例としてボルヴィックを上げましょう。ボルヴィックは軟水です。硬度の上ではミルクづくりに合っています。放射能物質の検査については、メーカーに問い合わせをしなければなりません。

 

ボルヴィックの場合は、検出限界地が1ベクレル以下であることを安全基準としているそうです。日本の水の安全基準は10ベクレル以下ですので、ボルヴィックの数値は安全と考えてよいでしょう。

 

硬度は水のラベルにたいていは表示されているので、そこをチェックします。放射能物質について気になる場合は、水を製造販売しているメーカーに問い合わせをしましょう。

 

赤ちゃんのための安全な水を探すときは、まずこの2つの注意点を考えて水を選んでいくと良いのではないでしょうか。